【シャネルズ/ラッツ&スター】の曲 BEST12

ベスト12って、めちゃくちゃ中途半端。
本当はベスト30くらい選んでみたかったけど、横並びに好きな曲が多いので難しかった。
かといって、ベスト10ではちょっと物足りないし。シャネルズが常連だったという歌番組のタイトルではあるけど。

で、ベスト12。1ダース。

とはいえ、さすがに40年も聴き続けていると多少なりとも好みは変わる。小学生がアラフィフになってるわけだからね。
そこで、“初めて聴いたときの衝撃度”と“今改めて聴いても「好き」と思えること”を基準として、順位付けしてみた。

ちなみに、カバー曲は入れてない。オリジナルソングのみ。

「え?」という結果になるかもしれないけど、個人的な嗜好なので許してほしい。



……というわけで、12位から。


<12位> 雨の日のローラ

作詞:湯川れい子 作曲:和泉常寛
Vo:鈴木雅之

シャネルズ時代の曲にはない、大人のラブソング。いつ聴いても、なぜか鮮度が高い。


<11位> 愛しのアンナ

作詞:田代マサシ 作曲:鈴木雅之
Vo:新保清孝

ヤングアダルト向けラブソング。とてもシャネルズらしい、鈴木さんと田代さんらしい曲。


<10位> 今夜はフィジカル

作詞:麻生麗二 作曲:井上大輔 
Vo:鈴木雅之

クールでファンタスティック。この辺から、ラッツ&スターもアダルト路線に?
※成人向けではなく、大人向けという意味で。


<9位> 星空のサーカス

作詞:松本隆 作曲:大瀧詠一
Vo:鈴木雅之

シャネルズ時代を回顧するかのような、Doo-wop。大瀧さんらしい透明感のある曲。


<8位> 恋の4回戦ボーイ

作詞:麻生麗二 作曲:鈴木雅之
Vo:久保木博之

ユーモラスな中にもペーソスが織り混ぜられた、ほろ苦い恋愛ソング。


<7位> 渚のウエディング・ベル

作詞:湯川れい子 作曲:井上大輔
Vo:鈴木雅之

とにかく甘い。これを聴くと、もう1回結婚したくなるので要注意。


<6位> 憧れのスレンダー・ガール

作詞:田代マサシ 作曲:鈴木雅之
Vo:鈴木雅之

これは説明いらないでしょ。シャネルズの名曲のひとつ。


<5位> もしかして I LOVE YOU.

作詞:田代まさし 作曲:松村邦男
Vo:鈴木雅之/鈴木聖美

デュエットしたくてもできない(歌える人がいない)、隠れた名曲。


<4位> 彼氏になりたい

作詞:麻生麗二 作曲:井上大輔
Vo:鈴木雅之

ポップな曲調と、切ない歌詞のコントラストがたまらなく好き。


<3位> ダウンタウン・ボーイ

作詞:田村勇気 作曲:鈴木雅之
Vo:鈴木雅之

ポップな曲調と、泥臭い歌詞のコントラストがたまらなく好き。


<2位> 渚のスーベニール

作詞:田代マサシ 作曲:鈴木雅之
Vo:鈴木雅之

好き。イントロ聴いた瞬間、心を奪われる。


<1位> 浮気なエンジェル

作詞:田代マサシ 作曲:鈴木雅之
Vo:鈴木雅之/久保木博之/田代まさし/佐藤善雄

理由はいらない。好き。もう、とにかく好き。



まさか“浮気なエンジェル”が1位とは、誰も予想しなかったに違いない。

“ランナウェイ”はどうした!シャネルズ4部作は!!
“め組のひと”はどこ行った!?
“Tシャツに口紅”は!?
“夢で逢えたら”は!!?

って声が、どこからともなく聴こえてきそう……。

11位、12位あたりは、私もさすがに迷ったんだけどね。

憧れのスレンダー・ガール/月下美人(ムーンライト・ハニー)

“憧れのスレンダー・ガール”は、好きじゃない人はまずいないと思う。

イントロで、いきなりハッとさせられる曲。

私にとって「いい女」のイメージっていうと、このスレンダーガールそのもので(一種の刷り込み現象か)、少女の頃からずっと憧れ続けて今に至る。


そして、この曲と対になるのが“月下美人(ムーンライト・ハニー)”。

この曲も多分、嫌いな人はいないと思うんだけどなぁ。ちゃんと聴いてもらえれば。

対になるっていうのは、あくまでも私個人の感じ方なんだけど、アルバム『14 CARATS』を買って、初めて“月下美人(ムーンライト・ハニー)”を聴いたとき。

思ったんだよね、「大人のスレンダーガールだ」って。


突き抜けるようなトランペットの音で始まる“憧れのスレンダーガール”に対して、“月下美人(ムーンライトハニー)”のトランペットはミュートで音を抑えてるのも象徴的。

いちいち想像力(妄想力)をかきたてられる。


ちなみに、これも私の妄想で『SING!SING!SING!』の中の“マドンナはお前だけ”はムーンライトハニーの、“雨の日のローラ”はスレンダーガールの「その後」を歌った曲だと、勝手に思っている。

さらに、スレンダーガールとムーンライトハニーは同一人物であるという仮説を立ててみる。

“憧れのスレンダーガール”には「夕陽にスリムなシルエット」という歌詞があって、“月下美人(ムーンライトハニー)”には「5時の影がお前のことを…」という歌詞がある。

つまり、夕方5時を境とした、昼と夜の2つの顔を持つ女の歌なのでは?

と、想像するわけだ。


すると、また別のものが見えてくる。

夜の男を捨て(“マドンナはお前だけ”)、昼の男の元へ戻る(“雨の日のローラ”)。そんな女の姿である。


本当に、ラッツ&スターの曲にはドラマがあるよね。

あくまでも、私の創作だけど。